近世の朝鲜王朝

近世の朝鲜王朝

世界史

近世の朝鮮王朝

講師:六反田豊

近世の朝鲜王朝

第17回

験である科挙では朱子学の知識 教養が問われ、そ

バン

1392年、李成桂は高麗を滅ぼして新しい王朝を建国した。翌年には国号を「朝鮮」と定め、さらにその翌年、都を漢陽(現在のソウル)に移して漢城と改称した。

李成桂はもともと朝鮮半島東北地方出身の武人で、高麗末期にさかんに朝鮮半島を襲った倭寇の撃退で功績を立てた人物である。彼は儒学のなかでもとくに朱子学を重んじ、国を治めるための教えに定め、都や各地に学校を建てて普及に努めた。官吏登用試

の合格者が官僚となって国政を運営した。彼らは両

ヤン

班とよばれ、知識人階層として学問や独自の文化を発展させた。15世紀半ばには民族独自の文字であるハングル(当時は「訓民正音」とよばれた)も作られた。

くんみんせいおん

朝鮮王朝は500年という長期間にわたって朝鮮半島を支配した。その間、日本との間にはおおむね平和的な関係が維持された。15

近世の朝鲜王朝

世紀以降、倭寇がほ

34

近世の朝鲜王朝

学習メモ

Word文档免费下载Word文档免费下载:近世の朝鲜王朝 (共2页,当前第1页)

你可能喜欢

  • 质押式回购
  • 黄埔军校
  • 欧洲文艺复兴美术
  • 西方美术史
  • 外国美术史
  • 朝鲜半岛
  • 韩语论文
  • 红楼梦人物关系

近世の朝鲜王朝相关文档

最新文档

返回顶部